鶏の唐揚げは胸肉で作れ!まじ?

みなさーん鶏の唐揚げ作ってますか?

唐揚げ大好きIKUです。相変わらずノロマなわたくし、やっとのことで更新します。
さて皆さん鶏の唐揚げは、もも肉を使いますか?それとも胸肉ですか?

多分ですがほとんどの方がもも肉って言われるのではないでしょうか!

私はずっともも肉を使って鶏の唐揚げを作ってきました。

もも肉の方が、脂肪が多くてジューシーに作れますし皮の部分はカリッと香ばしくてパサパサの胸肉より美味しいに決まってますやん!

それを常識として唐揚げを作ってました。自分なりにレシピも考えベストな唐揚げが作れるって思ってました。

ところがある日、鶏の唐揚げは胸肉で!
みたいなYouTubeを見て、私の唐揚げ感は根底から覆されました。
まだ自分で作ってないからそこまでの期待はしなかったのですが、作って食べたら鶏の唐揚げは胸肉やろ!って言ってしまう事態になりました。

ここまで長いな笑

上の写真はレシピの通り作った鶏胸肉の唐揚げです。食べやすい一口サイズで、ビールのおつまみにもなります。

 

サラダやスープをつけると唐揚げ定食の出来上がり!

今回のブログはなぜ胸肉なのかを検証することなので、そこに触れたいと思います。鶏胸肉ってぱさぱさしてるイメージがありますよね。確かに熱を加えるとぎゅっと縮んで硬くなります。

今回みたレシピではなるほどって思える工夫がしてあって確かに硬くならないのです。

私が説明するよりYouTubeのLinkを貼る方がわかりやすいのでそちらを参考にしてくださいね。

 

簡単中華スープのセットしたら完璧です!

鶏胸肉の唐揚げを作って以来、我が家の唐揚げは鶏胸肉がデフォになり、鶏もも肉を買わなくなりました。胸肉の方が安いしね!ちなみに海外では胸肉の方が高いらしい。(健康重視)

この記事を書いてるだけで唐揚げ食べたくなる。みなさんも是非ためしてくださいね!

明日は鶏胸肉の唐揚げにしよう!

IKUでした。

 

レシピのYouTubeはこちらです。

The following two tabs change content below.
アバター

iku

「いくめし」サイト運営のIKUです。1962年京都生まれ、京都育ち。子供のときから食べることが大好きで自分で料理を作るようになりました。しかし職として選ぶことなく趣味で美味しいものを作って食べることを楽しみに、時間があればうちごはんを作っています。料理も美味しければ何でも作りたいのでジャンルは問いません。なので何料理なのか分からない事もありますが、基本的には美味しい、豪華に見える、簡単にできる、コストがかからないをモットーにしてます。 WordPressの講座もやってます。こちらのサイトも見てくださいね。 http://alnilam7.com

前の記事

美味しいお肉は笑顔を呼ぶ!